レビュー

1000円カット「カットファクトリー」行ってみました!

すけまる
すけまる
妻に1000円カットにしなさいと言われたので行ってみました!

もともと美容室に行っても髪を切るだけなので、1,000円カットでもいいかなとは思っておりました。

※スタイリストさんにブログ掲載の許可をもらいました。

1000円カットとは

1000円カットと呼ばれるように、カット料金が1,000円(税抜)のお店です。

そしてカット時間が早いという特徴があります。

大体どの美容室でもカットの料金は「約2,000円~4,000円」ぐらいだと思いますが、通常の美容室と比較して非常に安いお店です。

ただし、シャンプーがありませんし、セットもしてもらえません。

そのため、「帰宅してすぐにシャンプーをすることをオススメしています」と言われました。

有名なお店としては「QB HOUSE(QBハウス)」があると思います。

駅の周辺にあり、見たことがある人も多いのではないでしょうか?

 

カットファクトリーに行ってみた

有名な「QBハウス」にしなかった理由としては、HPが「カットファクトリー」のほうがおしゃれだったことで選びました。

<QBハウスHP>

<カットファクトリーHP>

カットファクトリーの方がおしゃれじゃないですか?

QBハウスは年配の男性向けな雰囲気でしたのでやめました。

お店に到着してからまずは、「券売機」で券を購入し、名前を書く名簿がありますのでそこに、「名前」を書きます。

券売機

名簿には「スタイリスト」の希望も書けますので、気に入った方 美容師の方がいれば書くことも可能です。

今回は2回目ですが、1回目も2回目も大体5~10人待ちでした。

利用券

20分程度待っていると呼ばれてカットになります。

※ワンピースなど有名な漫画は置いてあるので、暇つぶしになりました。
コロナのため読めなくなっています。

客層は大体下記の通りです。

年齢層
  • 子ども 6割
  • 男性 3割(20代~)
  • 女性 1割(40代~)

※スタイリストの方にも伺いましたが概ねその通りとのことでした。
※年齢は見ていた感じなので、個人的な主観です。

 

カットの順番になると名前を呼ばれるので、案内されるまま席に向かい、鏡の裏のクローゼットへ、自分で「上着」や「鞄」を格納して、イスに座ります。

その後はカットのイメージを伝えて、実際にカットしてもらうところは、普通の美容室と変わりません。

カットが終わると、普通はシャンプーか、水で流してもらいますが、1000円カットは「掃除機(のようなもの)」で頭皮を吸われます。

※スタイリストさんが言うには、どの1000円カットも「掃除機(のようなもの)」で吸うそうです。

この点は普通の美容室と大きな違いです。

あとは「ドライヤー」で髪の毛を飛ばして終わりです。

その後クローゼットから「上着」と「鞄」を取り出して帰ります。

おしぼりが、置いてあるので、自分で気になる箇所は拭いて帰りました。

おしぼり置き場

まとめ

すけまる
すけまる
カットだけならコスパが良くてオススメです!

結果として私は、カラーやパーマはしませんので、1000円カットで満足しています。

ただ、「予約」はできないようなので、直接行ってみるしかないようです。

大体1人10~15分ぐらいでカットが終わりますので、そんなに待たないと思います。

客層の通り、「子ども」や「カットだけでよい人」向けなんでしょうね。

一応最後にただカットだけでなく、パーマやカラーを安くする方法を聞きました。

すると「11cat」というお店が安いと聞きました。

カットが1,500円の時点でかなり安い分類になると思います。

他にもカラー専門店もあるようです。

ちなみになぜ教えてくれたのか聞いたところ「同じ美容師業界でも内容が違うから競合してない」とのことです。

隣通しでお店があることもあるようですよ!

 

参考にしてください!

ABOUT ME
すけまる
2021年5月6日やっとブログのコンセプトが決まりました。 「知っている知識・わかった知識をわかりやすく説明するブログ」です。 自分の経験で得た知識・経験したことで、得意分野を考えた結果が、 会社でも「説明がわかりやすい」といわれることでした。 なぜ、わかりやすく説明できるのか考えたところ、中学時代から学年で下から10番前後にいました。高校は偏差値38ですが、そこすら中退しております。 当時は勉強をする必要性を感じておらず、「勉強なんか必要ない」の家庭でくらしていました。 もちろん勉強を自主的にしたこともありません。 そんな自分でも勉強することで、知識を得られる幸せに気が付きました。 だからこそ、人に説明するときには、とにかく中学生でもわかるように説明するようにしています。 これをブログでも発揮できればと思っています。