資格

FP(ファイナンシャルプランナー)についてまとめてみました。【FP2級合格済み】

FPとは

FP(ファイナンシャルプランナー)とは

すけまる
すけまる
私はお金の事勉強したいと思いFPについて勉強しました!

FPとは、ファイナンシャルプランナーの略です。

具体的には、個人の人生において、家の購入・結婚・保険への加入・資産運用・老後の生活といった目標を達成するための人生設計(ライフプラン)を考える手助けを行うことを「ファイナンシャルプランニング」といい、そのサポートを行う者を「ファイナンシャルプランナー」と言います。ちなみに「家計のホームドクター」とも言われています。

人生設計を考えるための知識を習得できるのですべての人に関係のある資格といえます。

FP(ファイナンシャルプランナー)の試験について

FP(ファイナンシャルプランナー)の試験には下記の2種類があります。

国家資格民間資格
1級ファイナンシャル・プランニング技能士CFP
1級ファイナンシャル・プランニング技能士AFP
1級ファイナンシャル・プランニング技能士

違いは下記のとおりです。

ファイナンシャル・プランニング技能士とは

ファイナンシャル・プランニング技能士とは、「一般社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)」が実施している「国家資格」です。

取得することで、一生「1~3級ファイナンシャル・プランニング技能士」の名称を使用することができる「名称独占資格」になっております。

名称独占資格とは、「ファイナンシャルプランナー」の名称を使用することは誰でもできますが、「1~3級ファイナンシャル・プランニング技能士」を使用すると法律により罰せられます。

なお、基本的には3級から受験して最終的に1級まで順番に合格するのが近道です。

<きんざい 受検資格と申請方法>

CFP・AFP とは

CFPとは、「CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(サーティファイド・ファイナンシャル・プランナー)」の略で、AFPとは「AFFILIATED FINANCIAL PLANNER(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)」の略です。

「特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)」が実施している「民間資格」です。

なお、2年間毎に更新が必要であり、継続教育を行う必要があり、実施しないと資格を失効する仕組みになっております。

概要を簡単に記載しておりますが、公式HPに非常に分かりやすい図がありましたので、参考までにリンクを掲載いたします。

<日本FP協会 FPの資格と検定の種類>

<日本FP協会 AFP資格登録の流れ>

<きんざい FPに関するQ&A>

ファイナンシャル・プランニング技能士

  • 国家資格
  • 更新が必要なく一生有効

CFP・AFP

  • 民間資格
  • 2年毎に更新が必要

 

FP(ファイナンシャルプランナー)の試験について結局何を受講すればいいのか?

FPの資格には大きく2種類あり、どっちを結局どちらを受講すればいいのか悩む方がおりますが結論としては下記のとおりです。

結論としては、ファイナンシャル・プランニング技能士 3級を目指すと良いです。

 

FPは、「1級=CFP」>「2級=AFP」>「3級」の順に難易度が高くなっておりますので、まずは「ファイナンシャル・プランニング技能士 3級」から取得するべきです。

またFPは、金融業界や保険業界で取得している方が多く、その業界の方またはその業界に働きたいかたは「1級=CFP」を取得することは評価につながりますので、上を目指して勉強するべきだと思います。

しかし、私のような一般的なメーカーで勤めており、自分の勉強のため取得した方は「2級」の取得のみで十分かと思います。

すけまる
すけまる
私はFP2級とAFPを 取得しましたが、
継続教育の費用をケチってAFPは失効しました(笑)

FP(ファイナンシャルプランナー)の試験内容について

FPの試験は、「きんざい」と「日本FP協会」が同じ日に実施しております。

年3回1月・5月・9月です。

「学科試験」と「実技試験」に分かれており、下記の6種類の範囲より出題される点は同じで、「学科試験」は同じ問題がでますが、「実技試験」は違う問題がでます。

試験範囲
  1. ライフプランニングと資金計画(倫理や関連法規、公的制度、資金契約等)
  2. リスク管理(保険制度等)
  3. 金融資産運用(投資、債券、株式等)
  4. タックスプランニング(所得税、法人税、消費税等)
  5. 不動産(取得、保有、制度等)
  6. 相続・事業承継(贈与、税制、関連法規等)

社会保険労務士や税理士、宅地建物取引士といった別の資格と範囲が一部被っておりますが、内容はFPの方が当然浅いですが、範囲がかなり広いです。

「実技試験」(3級)は下記から選択して出題されます。

実技試験(FP3級)
  1. 個人資産相談業務(きんざい 3級)
  2. 保険顧客資産相談業務(きんざい 3級)
  3. 資産設計提案業務(日本HP協会のみ)

私は日本FP協会の試験を受験しましたので、「資産設計提案業務」の受験経験しかありません。試験問題は公式HPでも公表しておりますので、参考までにリンクを張らせていただきます。

なお、学科試験と実技試験を別の月に受験することができます。

合格している試験は免除されます。しかし、一般的には同日に両方受験します。

<日本FP協会 試験問題・模範解答(3級)>

<きんざい 試験科目及びその範囲>

<スタンディング 合格率>

<FP技能士3級・2級合格勉強会 FP協会ときんざい(金財)での試験の違い>

 

取得後

個人的な経験で一番役立ったのは、「保険」の知識です。保険の内容がたまたま自分に合っていたようで、とても良く覚えることができ、大体どんな保険も少ししらべればイメージが着くようになりました。

後は、税理士事務所で働いていた時にも、役に立ちました。社会保険の知識や相続の知識が多少は基礎知識としてありましたので、お客様や税理士の先生方と会話する際にも、全くわからない状態ではなかったため、かなり助かりました。

税理士事務所の仕事内容
税理士事務所で働いていたので、仕事内容まとめました。税理士事務所の仕事内容をまとめました。 税理士事務所で勤めることを検討されている方のご参考になればと思います。...

基礎知識の有無は、実生活でも間違いなく影響がありますので、資格取得は非常に良かったです。

ただし、すべて勉強した知識を活用する機会があるわけではないため、不動産の知識等は大分わすれてきております。

すけまる
すけまる
住宅の購入や住み替えを実施しました時にかなり思い出しました(笑)

そういった意味では、AFPを取得しておき、継続教育を実施するのも良いかもしれません。

継続教育はAFPでは15ポイント取得する必要があり、約3,000円で継続できますが、私はケチってしまいました・・・

<FP単位とる蔵> 継続教育の参考サイト

まとめ

まとめ要約
  • FP試験には、「きんざい」と「日本FP協会」の2団体が開催している試験です。
  • 「ファイナンシャル・プランニング技能士(1~3級)」と「CFP・AFP」の2種類があり、会社から取得を推奨されない限り、ファイナンシャル・プランニング技能士の3級から取得することをオススメします。
  • 「ファイナンシャル・プランニング技能士(1~3級)」は「きんざい」と「日本FP協会」はどちらでも受験することが可能です。ただしFP試験の「学科試験」と「実技試験」のうち「実技試験」は違う問題になっています。
    ※「学科試験」は同じです。
  • ファイナンシャル・プランニング技能士は一度取得すれば更新がなく一生涯有効
  • 「CFP・AFP」は継続教育が必要であるため、維持費が約3,000円ほどかかるが、知識の維持がしやすい

「ファイナンシャルプランナー技能士 1級」を目指すのであれば、CFPを取得する方がいいです。

理由は下記のとおりです。

  1. 「CFP資格取得者」は、「ファイナンシャルプランナー技能士 1級」の学科試験が免除になるからです。
  2. 「CFP」は6科目を1科目ずつ受験し、合格すれば良いため「科目合格制」になっております。合格期間はAFPの資格有効期間です。

 

私個人としては、FPを仕事で活用しない場合には、2級まででも十分だと感じております。

かなり幅広く知識を習得できる上、人生で学習して損のない内容のため、簿記と同じぐらい勉強することをオススメできる資格だと思います。

 

ABOUT ME
すけまる
2021年5月6日やっとブログのコンセプトが決まりました。 「知っている知識・わかった知識をわかりやすく説明するブログ」です。 自分の経験で得た知識・経験したことで、得意分野を考えた結果が、 会社でも「説明がわかりやすい」といわれることでした。 なぜ、わかりやすく説明できるのか考えたところ、中学時代から学年で下から10番前後にいました。高校は偏差値38ですが、そこすら中退しております。 当時は勉強をする必要性を感じておらず、「勉強なんか必要ない」の家庭でくらしていました。 もちろん勉強を自主的にしたこともありません。 そんな自分でも勉強することで、知識を得られる幸せに気が付きました。 だからこそ、人に説明するときには、とにかく中学生でもわかるように説明するようにしています。 これをブログでも発揮できればと思っています。